これからタトゥーを検討している人必見!家庭用脱毛器なら脱毛できる? | 全身脱毛エピトーク【サロン口コミ・評判】

HOME家庭用脱毛器に関するコラムこれからタトゥーを検討している人必見!家庭用脱毛器なら脱毛できる?

これからタトゥーを検討している人必見!家庭用脱毛器なら脱毛できる?

これからタトゥーを検討している人必見!家庭用脱毛器なら脱毛できる?

前回のコラムでは、タトゥーをしていることにより、脱毛は難しくなるといった内容をご紹介しました。

ちなみに今回のコラムでは、家庭用脱毛器でもできないのかについてご紹介していきます。

これからタトゥーを検討されている方は、今回のコラムも必見です。

家庭用脱毛器はエステよりも出力が弱い?

家庭用脱毛器は、医学の知識などもない一般の方が脱毛を行なうものであり、肌トラブルが出ては困るので、クリニックや脱毛サロンで実施される脱毛よりも出力が弱いと言われています。

しかし最近では、家庭用脱毛器であっても出力が強く、サロンの機械レベルまで威力を近づけたと謳っている商品が多々販売されています。

これにより、肌トラブルを抱えるリスクも高まっているのです。

実際に出力レベルを高にして脱毛してみると、その後のケアをしっかりと行なわなければ、火傷跡のようなものが残ることもあります。

筆者である私も、家庭用脱毛器の形に跡が残り、夏に数週間悩みを抱えた経験があります。

家庭用脱毛器といえ、決してあなどれません。

家庭用脱毛器でもタトゥー付近の脱毛はNG

家庭用脱毛器もエステサロン同様に、色素の濃い部分に反応するようになっています。
タトゥーの部分に高反応を示し、火傷として肌に残ることは十分に考えられます。

その為、タトゥーをしている部分やその付近の脱毛は、行なわないようにします

エステサロンのスタッフは医学の知識は持ち合わせていないものの、たくさんの人に接することにより、豊富な経験のもとで施術を行なってくれます。

しかし、一般の方の場合は、脱毛に関する経験がありませんよね。

どの程度の肌を鎮静させれば火傷にならないか。
このような判断も難しくなるので、家庭で行なう脱毛だからこそ、サロンで行なうよりも十分に気をつける必要があります。

ちなみにエステサロンでも、タトゥーをしている部分から約10センチは離して照射することもあるぐらいですので、家庭で行なう場合でも同じようにしなければいけません

また、タトゥー部分に光が当たってしまった場合のことを考えると、タトゥー部位にはバンドエイドを貼るなどして保護しておき、更にその部位から10センチ以上離して行なうことで、不安なく脱毛を実施することができるのではないでしょうか?

自宅で脱毛を行なうからこそ、より安全面には気をつけて、脱毛を実施しなければいけません。

家庭ではタトゥー部分の脱毛は不可能?

光やレーザーといった機械を使用することで、タトゥー部分が火傷をするリスクが高まります。

その為、脱毛サロンなどでは、その部位から離して光を照射するか、ニードル脱毛による施術を勧められます。
ちなみに、ニードル脱毛は特殊な免許が必要な施術方法で、この技術を利用した機械は家庭用脱毛器として販売されていません。

また、クリニックでは特殊な機械(医療用脱毛器の一種)を利用して脱毛が実施されることで、タトゥー部分にも光脱毛を行なうことが可能なようですが、この技術は家庭用脱毛器には利用されていません。

よって、現在の家庭用脱毛器の技術では、タトゥー部分の脱毛は不可能なわけです。

タトゥーを施している部分の除毛を検討されるのであれば、その部分だけカミソリなどで簡単に除毛してあげると良いです。
ワックスなどで脱毛を行なう人もいるようですが、これはどの時々の肌の状況で左右されると言えるでしょう。

タトゥーをして間もない頃は、肌への負担が大きくなるため、ワックス脱毛はもちろんのこと、除毛ですら避けた方が良いと言えます。

この辺りの注意事項に関しては、アートをしてもらった店舗の指示に従うようにして、自己判断で脱毛や除毛を開始されることは避けるようにしておきましょう。

まとめ

技術の進歩により、家庭用脱毛器でもできることの範囲が広がりつつあります。
しかし、この機械の誤った使用により、肌トラブルを増やしてしまうといった人も増えています。

最近は家庭用脱毛器もサロンレベルに近づけ、高レベルな照射を可能としている機械が人気です。

しかし、知識のない人がこれを使用することにより、火傷や肌トラブルのリスクが高まります。

タトゥーを施している人の場合は、更に火傷のリスクが高くなるので、この部分を大きく避けて脱毛を実施しなければいけません。

家庭用脱毛器にて脱毛を行なう場合には、タトゥー部分を大きく避けるだけではなく、その部分にバンドエイドを貼るなどして肌を保護してあげ、脱毛器から放出される光やレーザーに肌が触れないような対策を取る必要があります。

タトゥーを施している人の場合は、家庭での脱毛は難しくなると言えるので、脱毛を検討されるのであれば、タトゥーを施す前に行なわれることをお勧めします。

2021年最新のおすすめ脱毛サロン

関連記事

家庭用脱毛器に関するコラムを全て表示