永久脱毛とレーザー脱毛の違い | 全身脱毛エピトーク【サロン口コミ・評判】

HOME脱毛サロンにまつわるコラム永久脱毛とレーザー脱毛の違い

永久脱毛とレーザー脱毛の違い

永久脱毛とレーザー脱毛の違い

足や腕、脇のムダ毛が濃くて、自己処理をしても目立ってしまうために悩んでいる人やカミソリ負けなど肌荒れを起こしやすい敏感肌や乾燥肌、アトピーの人、時間や手間をかけずにムダ毛のない上質の肌になりたいという人など、脱毛をする人が増えてきています。

脱毛をする前に悩むのが、どこで施術を受けようかということで、サロンやクリニックで受けることができると知っていても、選び方が分からないという人も多いようです。
言葉の意味を知ると、自分に合った方法を選ぶことができるようになるので、基礎知識を知り、納得できるところで施術を受けることがおすすめです。

サロンの脱毛について

脱毛したい人が魅力的に感じる費用が安いことが多いサロンでは、黒いメラニン色素に反応する特殊な周波数の光を使って、肌に光をあてるだけで、毛根のメラニン色素に反応した光が熱に変わり、熱で毛根にダメージを与える光脱毛を行っています。

毛根にダメージを与えると、毛を作る働きが衰えるので、毛が生えるのが遅くなったり、細くて柔らかい産毛のように目立ちにくい毛に変わることが期待できますが、生えてくることがあるので永久脱毛ではありません。

クリニックの脱毛について

76
美容外科や美容皮膚科など美容系のクリニックでは、サロンと同じ仕組みの光を使った施術を受けることができますが、光のパワーが強い医療用のレーザーを使って、毛根を破壊することができます。

クリニックでの施術は、医療レーザー脱毛と呼ばれ、毛根を破壊して、毛を作ることができなくなる永久脱毛をすることができます。

クリニックで施術を受けると、破壊された毛根から毛が生えてくることがなくなる永久脱毛ができるので、ムダ毛のお手入れがずっといらない、つるつるの肌を手に入れることができます。

永久脱毛について

クリニックで受けることができる光のパワーが強いレーザーを使ったレーザー脱毛は、ムダ毛が生えてこない永久脱毛をすることができますが、一度の施術ではすべてのムダ毛の毛根を破壊することはできません。

毛には、生え換わりのサイクルがあり、効果があるのは、肌の表面にムダ毛が見えている成長期のムダ毛だけなので、生えてこないで休んでいる毛が生えてくるのを待って、照射を繰り返すことになります。

毛周期と呼ばれる毛の生え換わりのサイクルに合わせて施術を重ねると、次第に生えてくる毛が少なくなり、サロンよりも少ない回数の5~6回ほどで永久脱毛の効果を実感することができるというのが一般的です。

2021年最新のおすすめ脱毛サロン

関連記事

脱毛サロンにまつわるコラムを全て表示