そのケア方法間違いかも。【VIO脱毛中】デリケートゾーンの正しいケア方法とは? | 全身脱毛エピトーク【サロン口コミ・評判】

HOME脱毛「基本のき」そのケア方法間違いかも。【VIO脱毛中】デリケートゾーンの正しいケア方法とは?

そのケア方法間違いかも。【VIO脱毛中】デリケートゾーンの正しいケア方法とは?

そのケア方法間違いかも。【VIO脱毛中】デリケートゾーンの正しいケア方法とは?

デリケートゾーンも、脱毛中はケアを欠かせません。
脱毛中は乾燥も気になることで、保湿ケアも行なう必要がありますよね。

しかし、間違ったケアをしてしまうことで、痒みはどんどん悪化してしまいます。

そこで今回は、『そのケア方法間違いかも。【VIO脱毛中】デリケートゾーンの正しいケア方法』についてご紹介していきます。

洗う時は石鹸を泡立てて優しく洗う

デリケートゾーンは、清潔さも大切です。
雑菌が繁殖しやすくなる部分です。
匂いや痒みが気になるという人も少なくありません。

しかし、デリケートゾーンは洗いすぎてしまうことにより、逆に臭いや痒みが気になるケースもあると言われています
また、一般的な洗浄力の強い石鹸にて洗浄を行うことにより、肌へのストレスが大きくなってしまい、痒みが気になることもあるようです

そこで、デリケートゾーンに痒みを感じやすい人は、なるべくVIOの脱毛期間中だけでも、低刺激なデリケートゾーン専用の石鹸を使用するようにされてみてはいかがでしょうか?

痒い時はついつい体を洗うスポンジにてゴシゴシと洗ってしまいたいところですが、これにより痒みを悪化させてしまうこともあるので、デリケートゾーンを洗う時は、石鹸をしっかり泡立てて、その泡で優しく撫でるようにして洗うと良いとされているようです。

またあまりにも奥まで洗ってしまうことで、身体の保護を行なってくれる良い菌まで洗い流してしまい、臭いなどの原因となる雑菌の繁殖を促してしまうとも言われています。
このような面においても、デリケートゾーンは、洗いすぎにも注意が必要であると言えるのです。

小まめに除毛を行なっておく

小まめに除毛をしておくことにより、通気性を良くすることができるため、デリケートゾーンの蒸れを軽減することができると言われています。
痒みを感じやすい人の場合は、小まめに除毛を行なうようにされることがおすすめです。

また、VIOの脱毛期間中は、脱毛をサロンが行ってくれることにより、手入れをせずとも良いと勘違いしている人もいます。
しかし、VIOの脱毛期間中は、脱毛の成果をより高めるためにも、適度な除毛は必要不可欠です。

あまりにもムダ毛が多い状態だと、VIOの施術そのものを、サロン側から断られてしまうこともあります。

毎日のように行なう必要もありませんが、ムダ毛の伸びを感じたら、デリケートゾーンの痒みの軽減のためにも、早めに除毛されることをおすすめします。

ちなみにカミソリによる肌への負担が気になる場合は、専用電動シェーバーを使用すると便利です。
女性用カミソリの反対側に、このようなものがついている商品もあるようなので、一度検索をしてみると良いでしょう。

保湿は専用クリームにて行うことがおすすめ

デリケートゾーンも、脱毛期間中は保湿ケアを行ないたいところです。
とくに乾燥が気になり始めるこれからの季節には、保湿ケアを行なうだけでも、バリア機能を高めることができるようになると言われています。

VIOの脱毛による刺激も、保湿ケアを行なっておくことにより、和らげることができるとも言われています。

脱毛期間中には、デリケートゾーンであれ、なるべく乾燥は避けたいものなのです。

しかしながら、デリケートゾーンは、雑菌が付着しやすく繁殖しやすい場所でもあります。
油水分の多いケア用品や、栄養価の高いケア用品を使用することにより、雑菌の繁殖率も高まると言えるでしょう。

何を使用して良いかの判断に困った場合には、デリケートゾーン専用のケア用品として発売されている、クリームなどを使用すると良いでしょう。
ただし、普段から痒みを感じやすい人は、専用クリームによるケアを行なったとしても、痒みを軽減できないケースもあります。

この場合は、無理せずにケアを中断して、その他のケア用品の使用を行なわれることがおすすめです。

トイレでビデを使いすぎないこと

デリケートゾーンの痒みを感じやすい人の中には、頻繁にトイレでビデを使ってしまうという人もいるようです。
このビデが原因で、痒みを悪化させてしまうこともあると言われています

そもそもビデは、強弱を自由に調整できますよね。
痒みのレベルが強度になれば、ビデの使用レベルも強度にして、肌へのストレスを大きくしてしまう人もいます。

また、やはり不衛生な状態のトイレでは、ビデに汚物がついているケースもあり、感染症にかかるリスクは低いとは言われているものの、可能性がゼロではないとも言われているようです。
たとえ火傷がおさまった後とは言え、脱毛後の肌にはビデはおすすめできません。

生理などにより不衛生な状態が続いている時に、適度に使用するのはOKとしても、痒いからといって頻繁に使用しすぎることは、なるべく避けるようしていきましょう。

痒みが少しでも悪化傾向にある場合は、市販の薬を使用するか、一度婦人科にいくなどして相談をされることがおすすめです。
ちなみに市販の薬でも、辛い痒みとさよならできたと話す人はたくさんいるようなので、まずは市販の薬にて痒みの軽減を行われてみても良いかもしれませんね。

2021年最新のおすすめ脱毛サロン

関連記事

脱毛「基本のき」を全て表示